ラッピングバス広告 自主審査基準

本文書の目的

景観形成・維持に資するデザイン

自主審査の必要性と本文書の位置づけ
平成12年4月から走行し始めたラッピングバスについては、そのデザインの楽しさ・美しさを評価する声がある反面、景観面からの批判・指摘が少なからず聞かれるようになった。
ラッピングバスが、都民やバス利用者に親しまれるものとして定着するためには、このような声にこたえる必要がある。ラッピングバスは、東京都屋外広告物条例上の許可を受けて広告を表示するものであるが、行政の許可基準はあらかじめ申請者に対しわかりやすくするために、数値等で明確に示す必要があり、このような許可基準によって専門的なデザインの判断を行うことにはどうしても限界がある。
そこで、ラッピングバスのデザイン向上のためには、バス事業者・広告業界において、景観・デザインの専門家が参加するデザインの自主審査委員会等を設置し、自主審査を行い、その実効性を高める必要がある。
[屋外広告物表示までのフロー図]
屋外広告物表示までのフロー図
本文書は、この自主審査委員会における審査基準の例を示すものであり、バス事業者、広告業界等が自主的に判断して基準を策定・採用することを期待するものである。
ラッピングバスに求められるデザイン
広告の描かれるバスは、車体自体が大きいだけでなく、それが公共空間を移動するものであるため、一般市民の目に強く映るものである。
商業広告は、時として刺激的な表現を追及する場合もあるが、上記の特性からいって目立てば良いということではなく、「まち並み」との景観上の調和に一定の配慮をする必要が生じる。
ところで、東京の「まち並み」は、大きく個性の異なる地域があるため、どのようなデザインがふさわしいか、一概に論じることは難しい。しかし、路線バスが走ることの多い駅前などを考えると、そこには既に多くの広告物が存在し、落ち着きのない景観となっており、そこに乱雑な広告をつけたバスが走り回れば、景観に悪影響を及ぼすと考えられる。乱雑で、過度に派手な広告や暴力的な広告は、それ以外の地域、例えば住宅地においては更にふさわしくないであろう。
以上のようなラッピングバスの特性を踏まえ、良好なデザインを創造することによって、景観の向上や広告主を含めた企業イメージの向上につながるような方向を目指したい。
基準の考え方
本基準は、色彩の対比の整え方、レイアウト等について分解して記述するものであるが、もとより良好なデザインはこれらの有機的な関係に基づくものであり、一つ、二つの基準に適合しないからといって、必ずしもそのデザインが否定されるものではない。また、良好なデザインというものは、常に新しいアイディアによって創造されていくものであり、固定化された基準に収まりきるものではない。
デザインについては、このように基準化することに限界があるため、本文書は景観・デザインの専門家による審査が行われることを前提に、その審査のために活用されることを期待するものである。よって、この中の基準も全体的に例示的なものとなっており、本文書は全体的に例示的な基準を表しており、最終的な判断は上記デザインの自主審査委員会の専門家による審査で行われることを予定している。
コンペ併用案
なお、本文書において示される基準はラッピングバスの望ましい姿を示す例示的なものであるが、ほかにも、数値等により禁止の範囲を示す制限的な手法も考えられる。それは例えば、「90%のバスについては広告表示の色数を限定するとともに地色を単色・低彩度色とし、地色以外の面積を各面の3/10以下とするなど数値等による厳しい基準を適用する。10%のバスについては、デザイナーによるコンペを開催し、数値等による厳しい基準を適用しない」といったものである(コンペ併用案)。この方式によれば90%の落ち着いたデザインのバスと、10%の非常に優れたデザインのバスが走行することになる。
このコンペ併用案は、ラッピングバスを景観と調和したものとする上で有効な手法であり、これを採用するのも一つの考え方である。
[コンペ併用案を採用した場合のフロー図]
コンペ併用案を採用した場合のフロー図

バス会社等の識別性、安全性の確保、その他

ラッピングバスは、車体上大きな広告面積をとっているため、バスの会社名や行先の識別性が低下し、利用者、特にお年寄りにとって問題があるとの指摘が多く出ている。このため、公共交通機関としてバス会社等の識別性を確保する必要がある。
また、車体利用広告として道路上を高速に移動する広告物であるため、広告表示にあたっては、他の自動車のドライバーへの影響など安全面への配慮が必要である。
また、わいせつな内容、暴力、児童虐待等を助長するおそれのある広告についても、国際都市東京におけるパブリックスペースで表示されるものであることから、表現内容への職業倫理等からの配慮が求められるであろう。 本文書ではこのうち識別性の確保について例示を行うが、安全性の確保・倫理性からの配慮については、個々のバス事業者内部において基準の具体的内容を策定し、自主的な審査を行うべきであろう。
ページTOPへ